「一生役に立つ」戦略的な思考力を養う日本史の実践道場

学習院大文学部の傾向と対策

学習院大学の文学部の日本史は
①例年、大問5個(各20点・100点満点)出題
②大問1と大問2は、選択式で基礎・標準的な問題である。
大問3と大問4が記述式となっていて、一般の受験生にとってはハイレベルな用語を書かせる場合が散見される。
大問5は本格的な論述問題(200字〜250字)が、毎年出題されておりここで「差がつく」と思われる。よって、論述問題対策が必須となる。
③論述問題の過去問研究をしよう!
今回は、過去20年分の論述問題過去問の中から古代分野からの出題となった年を抽出して時系列で並べてみると顕著な出題傾向が見えてきたので紹介します。

2019年
【5】
桓武天皇について,および,その時代に律令国家のとった政策について,指定された行数(7行×16.4cm)の範囲で述べなさい。〔20点配点 100点満点 大問5個〕

2012年
【5】
平城京について,指定された行数(7行)の範囲で述べなさい。

2009年
【5】
天武天皇とその時代について,指定された行数(7行)の範囲で述べなさい。

2000年
【5】「聖武天皇とその時代について、指定された行数(7行)の範囲で述べなさい。

上記の古代の問題(4年分)のうち、3年が「〜天皇とその時代を述べよ」という問いかけとなっている。よって、古代分野においては歴史的に影響が大きい「天皇」の業績とその時代の特徴を200字程度でまとめておくと「ズバリ」本試験で的中する可能性もありそうです。

☆吉田塾の添削指導例です。
本問については、カウンセリング(無料)やお試し講座(1対1のZoomまたはskype講座)の流れの中での添削(無料)も可能です。

吉田塾では、上記のような「学習院大文学部の日本史」を攻略するための「戦略的かつ効率的」な指導を行っています。

さらに「学習院大文学部の日本史」を攻略するための詳しい内容を知りたい人は、「吉田塾とは何か」や「塾長 吉田健志のプロフィール」をよく読んで頂き、自身の合格戦略に合うとの手ごたえを感じたら、ぜひお問合せください!
また、無料カウンセリングやZoom・Skypeを利用したお試し講座のお申込みも、お問い合わせページから承っています!

吉田塾とは何か
塾長 吉田健志のプロフィール

お問い合わせ・無料カウンセリング・お試し講座の申し込みはこちらから!

大学受験のための日本史

大学受験のための日本史

PAGETOP
Copyright © 吉田塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.