「一生役に立つ」戦略的な思考力を養う日本史の実践道場

慶応の日本史(全体分析)

「慶応の日本史」超直前対策講座(エッセンス版 2時間×3回 48000円)

綿密なカウンセリング(無料)を行った上で「お試しミニ講座」(20分)を受講していただき、吉田塾の合格戦略などについて納得された受験生だけが本講座を受講できます。
① 慶応義塾大学の各学部の出題傾向にピッタリ合ったオリジナル予想問題を駆使します。
② 「慶応の○○学部」に出る板書にて「戦略的かつ効率的」に出題傾向を把握することができる講義を展開します。
③ 受験本番の2,3日前には塾長吉田の最後のオリジナル予想問題を提供します。

自身の合格戦略に合うとの手ごたえを感じたら、ぜひお問合せください。

慶応大学の日本史(全体の新傾向)

近年の「慶応大学の日本史」における受験生の間で差がつく新傾向問題として1990年代、2000年代の政治・社会についての問題があげられる。慶応大学では、文学部・法学部・経済学部・商学部の4学部で日本史が選択科目としてあるが、この傾向は全学部にみられる。

文学部では、2023年の大問3で「羽田孜」や「橋本龍太郎」、「小渕恵三」を記述させた。1990年代に歴代内閣の順番と主要政策をおさえていないと解答できない問題となっていてこの時代まで対策してなかった受験生は、論述問題も難化したため大きく点数を落としたと思われる。

経済学部では、2019年の大問3で1990年代、2000年代の首相の所信表明演説(海部俊樹、細川護熙、村山富市、小泉純一郎、鳩山由紀夫)を利用した史料問題が出題された。この時代の各内閣の主要政策をおさえる対策をしてなかった受験生は、普天間基地問題についての論述問題もあって、一般的な受験日本史であればかなり得意な受験生でも合格点に及ばなかったと思われる。

商学部では、2021年に大問3において2019年の経済学部の論述問題のテーマであった「普天間基地」を記述させ、細川護熙内閣、羽田孜内閣、村山富市首相、鳩山由紀夫内閣、菅直人内閣、野田佳彦内閣、小泉純一郎内閣を選択させている。さらに2023年には大平正芳、鈴木善幸、橋本龍太郎、小渕恵三を選択させている。

法学部では、2023年の大問1で村山富市や菅直人を選択させている。

以上のように4学部とも1990年代、2000年代の歴代内閣の政策と関連付けた問題を近年は、繰り返し出題していることが「過去問研究」すればあきらかになります。

吉田塾では、徹底した過去問研究に基づいた「慶応大学の日本史」にでる1990年代・2000年代の特別講座を慶応大学志望の塾生には必ず受講させることで慶応大学を受験する受験生たちに「差をつける」ことを実現しています。

 

なお、4学部を出題形式で大別すると論述問題がある程度の分量出題される「文学部と経済学部」においては、論述問題の出来が合否を左右するので論述問題の対策が必須である。

法学部においては、全問マーク式で大量の選択語句(山川などの教科書には掲載されていない歴史用語も多数)の中からリード文の空所補充を行う問題が定番となっている。

商学部では、法学部と同様に大量の選択語句(山川などの教科書には掲載されていない歴史用語も出題されるが法学部と比較すると易しい)の中からリード文の空所補充を行う問題に加えて各大問には記述問題(一部、短文説明問題あり)が設定されている。

以上、4学部それぞれ出題形式に特徴があるので、その出題形式に即した対策がのぞまれるのは当然である。各学部の「傾向と対策」を概観できるコンテンツも公開しているのでぜひ参考にしてください。

 

吉田塾では、慶応義塾の論述問題に完全準拠した「基礎からはじめる論述講座」など志望大学(志望学部)の出題傾向に特化した個性別講座を展開しています。

吉田塾とは何か
塾長 吉田健志のプロフィール

「文化史」特講受付中!

吉田塾では、冬期に「文化史」特講を開講しています。文化史対策が遅れている人もここで「文化史」を覚えるための丸暗記ではない「つながりと対比」を重視したテキスト&板書を駆使した覚え方によって、一気にまとめることができた!合格の決め手の一つになった!と例年塾生からの評価がもっとも高い講座の1つとなっています
その一部は、Zoomによるオンラインカウンセリング(無料)やミニ講座(無料)でも紹介しています。
日本文化史特講について、受講生の感想をいただいたので紹介します。

政治史を軸として文化史を理解するという考えに目から鱗でした。文化史単体だとどうしても暗記がしにくく困っていたのですが、面白いエピソードを思い返しながら、先輩の絵と共にもう一度復習し直すとすんなり覚えることができ感動しました!乾漆像についての時短裏技も他の教科や時代に時間をかけたかったので非常に助かりました。また、年号の重要さを身にしみて感じました。文化史と並行して復習していこうと思います。

文化史を習得するために必要なことについてよく理解してくれている感想文だと思います。
文化史は難関国公立や難関私大の日本史(特に早稲田の文学部や文化構想学部)を攻略する上で非常に重要であり、他の受験生と差が付きやすい分野であると吉田塾では考えています。
すでに講座を進めている吉田塾生は多くいますが、非常に重要な受験直前期のこのタイミングでも講座への参加を受け付けていますので、ぜひご相談ください。

お問い合わせ・無料カウンセリング・お試し講座の申し込みはこちらから!

大学受験のための日本史

大学受験のための日本史

PAGETOP
Copyright © 吉田塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.