「一生役に立つ」戦略的な思考力を養う日本史の実践道場

早稲田大学 人間科学部の日本史

2018年2月の人間科学部の問題をここで分析してみよう。

☆本学部の「傾向と対策」を読む前にまずは、ぜひ早稲田の日本史(全体分析)を読むことをお勧めします。とくに今年は、早稲田においても「共通テスト」元年を意識した問題作成が行われたものが散見されました。この新傾向(新形式)っぽい問題について分析したものを追加しましたので来年の本試験問題につながる可能性が高いです!

なお、本コンテンツは本学部の2021年2月本試験を踏まえた「傾向と対策」に6月末〜7月初めくらいまでにバージョンアップします。

最新の過去問(相手を知る=敵を知る)を分析することから、早稲田対策ははじまります!

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず。」

この理念に基づいて「戦略的かつ効率的」に早稲田対策を行うことで「ライバルに差をつけて」合格することを最大目標として「吉田塾」は存在しています。
まずは、早大人間科学部のレベルがセンター試験の正誤判定と比べて、どれほどの違いがあるのかをここで知ってほしい。

全問マーク式で42問(うち正誤判定問題が19問、語句選択が21問、年代整序が2問)

☆早稲田的な正文誤文判定問題の出来が合否を分ける!

2018年2月18日 人間科学部
大問1
問6 下線部f(古事記・日本書紀)について述べた文として,誤っているものはどれか,1つ選べ。
ア 『日本書紀』は,編年体で書かれている。
イ 『日本書紀』は,元正天皇の時代に完成した。
ウ 『日本書紀』の次の六国史は,『続日本紀』である。
エ 『古事記』は,稗田阿礼が記憶していた伝承を太安万侶が筆録したものである。
オ 『古事記』は,孝徳天皇までの天皇家の歴史を記す。
正解を表示するオが誤文。孝徳天皇ではなく推古天皇だと正文となる。 

大問4
問5 下線部c(シベリア出兵)に関して,誤っているものはどれか,2つ選べ。
ア アメリカがシベリアにいたチェコ軍救援を提唱したことを受けて行われた。
イ ニコラエフスクで日本軍・居留民がパルチザンに包囲され,殺害される事件が起きた。
ウ 出兵には多額の戦費が費やされ,多くの死者と負傷者を出す結果となった。
エ 第一次世界大戦後に各国は撤兵したが,日本の駐兵は長期に及んだ。
オ 日本軍は,一時はシベリア・北満州を越えてロシア西部にまで進出した。
カ 日本はソヴィエト政権からシベリアの鉄道敷設権などの権益を獲得した。
正解を表示するオとカが誤文。本問は早稲田で頻出するイの尼港事件を知っていると正解にたどり着きやすい。

問10 下線部e(治安維持法)に関連して,誤っているものはどれか,2つ選べ。
ア 日ソ国交樹立による共産主義の広がりを防ぐ目的があった。
イ 国体の変革を目的とする結社の組織者,参加者の処罰を定めた。
ウ 私有財産制度の否認を目的とする結社の組織者,参加者の処罰を定めた。
エ 昭和初期の治安維持法の改正は,普通選挙制による最初の総選挙の年に行われた。
オ 昭和初期の治安維持法の改正により,死刑を含む処罰の規定が廃止された。
カ 東条英機内閣のとき,北部仏印進駐のあった年に治安維持法の改正が行われた。
正解を表示するオとカが誤文。本問は早稲田で頻出する治安維持法(1925年制定⇒1928年の改正で最高刑が死刑⇒1942年の改正で予防拘禁制)の流れをしっかり押さえていたら正解にたどり着きやすい。

大問5
問8 下線部eは自由民権運動が盛んだった時期のことを指すが,この時期に作成された私擬憲法に関して,誤っているものはどれか,2つ選べ。
ア 福沢諭吉系の交詢社は「私擬憲法案」を作成した。
イ 「私擬憲法案」は,大統領制と国務大臣連帯責任制を定めた。
ウ 板垣退助が設立した立志社は「日本憲法見込案」を作成した。
エ 「日本憲法見込案」は,二院制を定めた穏健なものであった。
オ 植木枝盛の「東洋大日本国国憲按」は,人権保障,一院制を認めた急進的なものであった。
カ 東京近郊の五日市で活動していた豪農の民権家たちは「五日市憲法草案」を作成した。
正解を表示するイとエが誤文。私擬憲法関連は、早稲田が大好きな「自由民権運動の流れ」の重要関連事項なので早大の過去問研究をしっかりやった人は、試験当日楽勝で対策をしてない人との差をつける問題となります。

戦略的な対策によって早稲田大の合格を勝ち取ったリアルな成功例が、「早稲田の合格レポート」(大村君)に掲載されていますのでぜひ読んでください!
なお、法学部・商学部・教育学部・社会学部なども正文誤文判定問題のつくり方が同じですのでとても参考になります。
とくに、全問マーク式の学部として共通する(2018年2月)学部である社会学部とは親和性が高いと言えます。他学部の問題も利用して過去問研究(これが一番大事!!!)しましょう。
過去問研究あまりやっていない「一般的な模試の判定が良いだけのライバル」を逆転して合格することが可能です!

「文化史」特講受付中!

吉田塾では、冬期に「文化史」特講を開講しています。文化史対策が遅れている人もここで「文化史」を覚えるための丸暗記ではない「つながりと対比」を重視したテキスト&板書を駆使した覚え方よって、一気にまとめることができた!合格の決め手の一つになった!と例年塾生からの評価がもっとも高い講座の1つとなっています

その一部は、ZoomまたはSkypeによるカウンセリング(無料)やミニ講座(無料)でも紹介しています。

最近人気を集めている「文化史特講」について、受講生の感想をいただいたので紹介します。

(I.Rさん 早大文学部・文化構想学部志望)

政治史を軸として文化史を理解するという考えに目から鱗でした。文化史単体だとどうしても暗記がしにくく困っていたのですが、面白いエピソードを思い返しながら、先輩の絵と共にもう一度復習し直すとすんなり覚えることができ感動しました!

乾漆像についての時短裏技も他の教科や時代に時間をかけたかったので非常に助かりました。

また、年号の重要さを身にしみて感じました。文化史と並行して復習していこうと思います。

文化史は難関国公立の二次や難関私大の日本史(早稲田の文学部・文化構想学部や同志社大学など)を攻略する上で非常に重要であり、他の受験生と差が付きやすい分野であると吉田塾では考えています。

12月の前半に一通りの講座が終了しますが、とても人気な講座のため、12月後半~1月前半にも同内容の文化史特講を開講する予定なので、文化史対策に行き詰っている方は、まずはカウンセリング(無料)やお試し講座についてお問い合わせください。

吉田塾では、上記のような「早稲田大の日本史」を攻略するための「戦略的かつ効率的」な指導を行っています。

さらに「早稲田大の日本史」を攻略するための詳しい内容を知りたい人は、「吉田塾とは何か」や「塾長 吉田健志のプロフィール」をよく読んで頂き、自身の合格戦略に合うとの手ごたえを感じたら、ぜひお問合せください!
また、無料カウンセリングやZoom・Skypeを利用したお試し講座のお申込みも、お問い合わせページから承っています!

吉田塾とは何か
塾長 吉田健志のプロフィール

お問い合わせ・無料カウンセリング・お試し講座の申し込みはこちらから!

大学受験のための日本史

大学受験のための日本史

PAGETOP
Copyright © 吉田塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.