「一生役に立つ」戦略的な思考力を養う日本史の実践道場

早稲田大学 文化構想学部の日本史

2019年2月の文化構想学部本試験問題を分析してみよう

☆本学部の「傾向と対策」を読む前にまずは、ぜひ早稲田の日本史(全体分析)を読むことをお勧めします。とくに今年は、早稲田においても「共通テスト」元年を意識した問題作成が行われたものが散見されました。この新傾向(新形式)っぽい問題について分析したものを追加しましたので来年の本試験問題につながる可能性が高いです!

①例年、大問が4つで複数の時代にまたがるテーマ史的大問となっている。

2019年2月の本試験でも、大問4つで小問数は42個であった。その内訳をみてみると、

正誤判定問題12個、記述問題が15個、語句選択問題が13個、年代整序問題が2個

となっている。早大の他学部と比べて特徴的なのが近現代史からの出題率が低いことにある。2019年も小問数42個のうち、近現代史は10個しか出題されなかった。ということは、古代〜近世までで75%以上を占めることになる。これは、政経学部・法学部・商学部などとは、真逆の傾向なのでしっかりおさえておきたい。

難易度は、早大他学部と比較すれば易しいと言える。とくに、早稲田的正文誤文判定問題の難度がそれほど高くない傾向は続いている。しかしながら、一般の受験生からすれば、通常の模擬試験では問われないレベルのものを語句選択(道昭など)や記述(草壁皇子・安土宗論など)させたりするので少し難しいと感じるであろう。

 

②学部特性(文化構想学部)を意識した問題がすなわち文化のテーマ史が出題され続けている。「文化」構想学部であるから当然の姿勢と言えよう。よって、前近代の文化史対策は、万全を期したい。この傾向に合致した仏教史の大問(2019年大問2)を本ページに掲載してあるので実際に解いて「文化構想学部の日本史」を実感してほしい。

 

③早大の他学部で繰り返し出題されている頻出テーマや事項・用語が文化構想学部においても毎年、出題されている。2019年の本試験では、大問3で近世の対外関係史(ポルトガル・スペイン・イギリス・オランダ)や近代初期の外交が出題されたがこれは早大の超頻出テーマの一つである。2018年では、大問2の儀式書や年中行事関連、大問3の学問史などもその典型といえる。

よって、他学部を含めた過去問研究が最も有効な早大の文化構想学部対策になることを実感してほしい。とくに学内併願者が多い文学部・教育学部の過去問は

最低5年分は必ず解いておこう。そうしないと本番で、自分は難問と感じ捨て問だと思った問題も、ライバルは「早大にはよく出る問題」として正答していることに気がつかない「早稲田受験の全体像」を知らない人で終わってしまいます。吉田塾では、そうならないために「戦略的かつ効率的」に早稲田対策を行なう最良のツールを開発し、提案しています。

 

さあ、それでは実際に文化構想学部の日本史を解いてみよう!

2019年2月の第一問は、近代以降でははじめての「上皇誕生」という令和の時代を見据えたテーマで出題が十分予想できた。

2019年 文化構想学部 大問1

天皇と上皇(太上天皇)に関する次の文章を読んで,問に答えなさい。

ここでは,天皇と上皇(太上天皇)の関係についてみてみよう。

7世紀中頃までは,天皇の死後,有力な群臣が集まって次の天皇を選出していた。したがって,群臣間の意見が一致しない場合,皇位争いに発展する場合が少なくなかった。

こうしたなか, A 天皇は,はじめて生前譲位を行った。譲位をした天皇が存在すれば,次の天皇を決定する権限を持つことができる。皇位継承に,ある程度の安定性をもたらしたといえる。

太上天皇の力を遺憾なく発揮したのはa持統であろう。b当時の天皇には,成人として十分成熟し,政務能力を持っていることが求められていた。しかし,彼女と天武天皇との間に生まれた B 皇子の子である文武天皇は,まだ年若く,その点で十分ではないと考えられていたらしい。そこで,持統は太上天皇となり,文武天皇を後見したと考えられている。

しかし,天皇と太上天皇が争いをもたらすことも多い。平城天皇は,体調不良から皇位を弟の嵯峨に譲って,自らは太上天皇となった。だが,体調が回復すると,再び皇位を望み,嵯峨と対立するようになった。これがc薬子の変(平城太上天皇の変)である。この原因には,太上天皇が天皇と変わらず,勅や詔を下すことができる権限を持っていたことがある。

院政期になると,多いときには3人の上皇が存在するときもあった。とくに,天皇と上皇の対立が顕著になったのは,後白河天皇と崇徳上皇が対立し,戦乱に及んだd保元の乱である。この戦いに崇徳上皇は敗れ, C 国に配流された。

近世の上皇として著名なのは,e後水尾であろう。徳川 D は,娘の E を入内させたが,後水尾天皇は度重なる幕府の干渉に反発し, F 天皇に譲位した。後水尾は学問を愛する文化人としての側面を持っていた人物として知られる。

 

〔問〕

1 空欄Aの人物は,大化の改新(乙巳の変)当時の天皇である。それは誰か。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 舒明
イ 斉明
ウ 天智
エ 皇極
オ 孝徳
正解を表示するエ 皇極天皇(天智天皇の母)は、重祚して斉明天皇となっている。舒明〜斉明天皇までの順番は重要事項とつなげて覚えておこう。

2 下線aについて述べた次の文,X・Y・Zを年代順に並べた組合せのうち,正しいものはどれか。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

X 藤原京に遷都した。
Y 庚寅年籍をつくった。
Z 飛鳥浄御原令を施行した。

ア Y-Z-X
イ Z-X-Y
ウ Y-X-Z
エ X-Z-Y
オ Z-Y-X
正解を表示するオ 飛鳥浄御原令の施行(689年)⇒庚寅年籍(690年)⇒藤原京遷都(694年)

3 下線bに関連して,9世紀になり政治が安定すると,10歳に満たない天皇(幼帝)が誕生するようになった。それは誰か。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 淳和天皇
イ 文徳天皇
ウ 仁明天皇
エ 清和天皇
オ 光孝天皇
正解を表示する

4 空欄Bに該当する人物は誰か。漢字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する草壁(皇子)は、早大では頻出する。系図で彼の位置をしっかり確認しておかないと解答できない問題がまた出るだろう。

5 下線cについて述べた次の文,X・Y・Zの正誤の組合せのうち,正しいものはどれか。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

X 平城は難波京に遷都しようとした。
Y 巨勢野足は蔵人頭に任命された。
Z 藤原仲成は流罪となった。

ア X-誤 Y-正 Z-誤
イ X-誤 Y-正 Z-正
ウ X-正 Y-正 Z-正
エ X-正 Y-正 Z-誤
オ X-誤 Y-誤 Z-正
正解を表示するア 薬子の変(平城太上天皇の変)に関連する事項は、早大では頻出する。日本史を得点源としたい人なら深くやっておいて損はないところではある。

6 下線dについて述べた文のうち,正しいものはどれか。2つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 藤原忠通と藤原頼長は,親子である。
イ 源義朝は,後白河天皇に味方し殺された。
ウ 藤原頼長は,崇徳上皇に味方しほろぼされた。
エ 源為義と源義朝は,親子である。
オ 藤原通憲(信西)は,後白河天皇に味方し殺された。
正解を表示するウ,エ 保元の乱(1156年)と平治の乱(1159年)の内容や対立関係は、教科書などでも表でまとめてあるので落とせない問題である。

7 空欄Cに該当する国名は何か。漢字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する讃岐(国)

8 下線eに関連して述べた次の文,X・Y・Zを年代順に並べた組合せのうち,正しいものはどれか。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

X 紫衣事件が起きた。
Y 公家衆法度が下された。
Z 修学院離宮がつくられた。

ア Y-Z-X
イ X-Y-Z
ウ Y-X-Z
エ X-Z-Y
オ Z-Y-X
正解を表示するウ 公家衆法度(1613年)⇒紫衣事件(1627〜29年)⇒修学院離宮は後水尾が上皇になってから造営された。難問である。

9 空欄Dに該当する人物は誰か。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 秀忠
イ 家康
ウ 家綱
エ 家光
オ 綱吉
正解を表示する

10 空欄Eに該当する人物は誰か。漢字2字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する和子

11 空欄Fに該当する人物は誰か。漢字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する明正(天皇) 明正天皇は、称徳天皇以来859年ぶりの女帝である。

☆吉田の視点

天皇と上皇(太上天皇)に関する事項をテーマ史として出題することは、十分予想できた。

それゆえ、吉田塾ではオリジナル対策問題を作成して直前講座でしっかり演習しており、とくに9.10.11は吉田オリジナル対策問題と一致していた。なお、本テーマのオリジナル対策問題については、ZoomまたはSkypeによるカウンセリング(無料)やZoom・Skypeを利用したお試し講座(無料)などにおいて無償提供しています。

2019年 文化構想学部 大問2

☆文化構想学部らしい仏教史を中心に据えた大問である!現時点での自身の早稲田的文化史対応力も試せる良問なのでぜひ解いてほしい。

日本における社会環境と仏教の歴史との関係について述べた次の文章を読んで,問に答えなさい。

 

6世紀に朝鮮半島から日本に仏教がもたらされたといわれる。日本では古墳時代後期と呼ばれる年代にあたるが,a当時の社会において墳墓と仏教の諸施設およびその儀礼が融合することはなかった。やがて,7世紀に入り,為政者の間で仏教に対する信仰が深まると,古墳文化は終末期を迎えることとなる。

遣唐使の留学僧として653年に中国に渡った A は玄奘のもとで学び,日本に法相教学を伝えることとなった。同時に彼は,玄奘の指示で禅を習得することとなり,帰国後,b飛鳥寺の一隅に禅院を建てて居住し,亡くなる際には,遺言によって日本で初めて火葬にふされたと伝えられている。法相教学を学んだ行基は A の弟子であったといわれるが,奈良時代の初期には多くの人民を惑わしているとして政府から弾圧されることもあった。聖武天皇は行基の大衆に対する影響の大きさを認め,東大寺の大仏建立に協力させることとなり,大 B に任じている。

唐の仏教の一部を構成していた密教の教義,禅院での修行,浄土の信仰は,日本に受容された後,長い年月を経て,それぞれが独立した宗派を形成するようになる。c唐の恵果から留学僧空海に伝えられた密教の教義は平安時代に入って大きな展開を見せ,天台宗とともにこの時代の主流となった。また,d浄土信仰が貴族層から庶民にまで広まり,鎌倉時代に到ると一つの宗派として独立する動きを見せるが,e伝統的な南都仏教の間ではこれに対する強い抵抗があり,朝廷もその扱いに苦慮することとなったのである。

鎌倉幕府は,当初,東大寺の復興に力を注ぎ,また平泉に栄えた奥州藤原氏の影響をも受けて浄土信仰に基づく寺院を建立した。だが,北条氏が政権を握ると,禅を中心とする仏教文化に強い関心を寄せて,f京都や鎌倉に禅宗の大伽藍を建立するようになった。一方で,北条氏は南都西大寺を拠点とする C を保護し, C 僧侶の広汎な活動を認め,鎌倉時代末期において幕府の経済・交通ネットワークを拡大させることに成功した。しかし,この政策は幕府のお膝元の鎌倉で,新興の日蓮宗僧徒との激しい軋轢を生むことにもなった。宗派の対立は中世後期にも引き継がれ,決着を図ろうとする宗論が為政者の前で行われることもあり,1579年に行われた D 宗論が著名である。

〔問〕

1 下線aについて。古墳時代後期の特徴を示すものはどれか。2つ選びマーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 一定地域内に規模の小さい古墳が多数群集する,いわゆる群集墳が広く見られた。
イ 墳丘は前方後円墳と呼ばれる形態をしており,副葬品として三角縁神獣鏡がある。
ウ 竪穴式の石室を持ち,割竹形木棺に遺体が納められている。
エ 石室の壁面に彩色画や彫刻が施してある装飾古墳が出現する。
オ 副葬品に美しい腕輪型石製品(碧玉製のものなど)がある。
正解を表示するア,エ 古墳時代の特徴は、前期・中期・後期に分けておさえるのが鉄則。本問は、その典型とも言える問題である。なお、古墳時代は文学部では頻出するので併願者は深掘りしておこう。

2 空欄Aには僧侶の名前が入る。下記の中から1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 恵慈
イ 道昭
ウ 曇徴
エ 玄昉
オ 仏哲
正解を表示するイ 道昭は、653年に入唐し玄奘(西遊記で有名な三蔵法師のこと!)に学び帰国し、日本法相宗の開祖となる。早大受験者なら答えたい人物だ。

3 下線bについて。この寺は平城京遷都により移転し,現在に到るまで平城京域にその遺構・遺跡を残している。下記に示された寺の経緯について正しいものはどれか。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 西ノ京に存在し,白鳳様式の東塔が現存している。
イ 回廊等の遺跡が発見されており,この寺の仏頭は興福寺が保管している。
ウ 僧坊の一部が極楽坊として改造され,これが本堂となっている。
エ 金堂は天平建築で,講堂は朝集殿を転用したものであり,奈良時代の宮殿建築が現存する。
オ 平城京に移された後,大安寺として古代には官寺筆頭の地位にあった。
正解を表示するウ 飛鳥寺は、平城京に移転して元興寺(南都七大寺の1つ)と呼ばれた。本問は、文化史対策を十分やっていれば、ア(薬師寺)、イ(山田寺)、エ(唐招提寺)、オ(大安寺は、もと大官大寺・百済大寺)と判断できるので残ったウを正解とする解法で解ける。

4 空欄Bに該当する語句は何か。漢字2字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する僧正 行基は、僧尼令(記述で問われるので注意!)違反によって当初は政府から弾圧されたが、後に許され大仏造立に協力し、大僧正となった。

5 下線cについて。次のうち,密教と深く関連する仏像を1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 法隆寺金堂釈迦三尊像
イ 薬師寺金堂薬師三尊像
ウ 興福寺阿修羅像
エ 平等院鳳凰堂阿弥陀如来像
オ 観心寺如意輪観音像
正解を表示する

6 下線dについて。平安時代には多くの人が来世で救われたいという願望を持つようになり,関連する著作が注目されるようになったが,その代表例として知られる『往生要集』を著したのは誰か。漢字2字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する源信

7 下線eについて。解脱房貞慶が起草した「興福寺奏状」によって弾劾され,越後に流されたのは誰か。1人選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 親鸞
イ 一遍
ウ 法然
エ 明恵
オ 栄西
正解を表示するア なお、師の法然も同じく建永の法難(承元の法難)で土佐に流罪となっている。関連事項として明恵(高弁)の『摧邪輪』もおさえておきたい。

8 下線fについて。このような政策は鎌倉幕府からさらに室町幕府へと継承されていった。寺院の説明として誤りを含むものを2つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。

ア 建長寺は北条泰時が創建し,開山は一山一寧で,鎌倉五山第一位とされた。
イ 円覚寺は北条時宗が創建し,無学祖元が開山となった。
ウ 天龍寺は足利尊氏・直義兄弟が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建された。
エ 相国寺は足利義満が創建し,京都五山第二位とされた。
オ 大徳寺は足利義持が創建し,開山は一休宗純であった。
正解を表示するア,オ 建長寺は北条時頼が創建し、開山は蘭渓道隆。大徳寺は足利義持ではなく赤松則村の協力で1319年創建された。一休は、応仁の乱後に再興した人物。

9 空欄Cに入る語句は何か。漢字2字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する律宗 西大寺は、孝謙上皇の発願で建てられた真言律宗の総本山で南都七大寺の一つ。鎌倉時代、叡尊が出て再興された。

10 空欄Dには当時著名な城郭が存在した所を示す地名が入る。漢字2字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。
正解を表示する安土(宗論) 織田信長の命で、1579年に行われた浄土宗と法華宗(日蓮宗)との宗論。信長は、浄土宗の勝ち法華宗の負けとした。

☆吉田の視点

問2の道昭や問10の安土宗論はやや細かいが、文化構想学部を第一志望とする受験生で日本史を得点源したい人で文化史(仏教史)重視の対策をしていたら、少なくともどちらか一方は正解して大問2は8割をめざしたい。

吉田塾では、上記のような「早稲田大の日本史」を攻略するための「戦略的かつ効率的」な指導を行っています。

さらに「早稲田大の日本史」を攻略するための詳しい内容を知りたい人は、「吉田塾とは何か」や「塾長 吉田健志のプロフィール」をよく読んで頂き、自身の合格戦略に合うとの手ごたえを感じたら、ぜひお問合せください!
また、無料カウンセリングやZoom・Skypeを利用したお試し講座のお申込みも、お問い合わせフォームから承っています!

吉田塾とは何か
塾長 吉田健志のプロフィール

お問い合わせ・無料カウンセリング・お試し講座の申し込みはこちらから!

大学受験のための日本史

大学受験のための日本史

PAGETOP
Copyright © 吉田塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.