「一生役に立つ」戦略的な思考力を養う日本史の実践道場

京都府立大学(歴史学科)

1.京都府立大の歴史学科志望者に課せられる長文論述問題は、指定語句付きとなっている。
例年、(A)・(B)の2題が提示され、そのうちの1題を選択して解答させる形式をとっている。

2.字数指定(制限)はありませんが、解答スペースから推定すると300字程度(多くても400字)でまとめることが要求されていると思われる。

それでは、実際に2019年の本試験問題を見てみよう。

2019年 大問4
(A)
戦国時代の家臣の組織化について論述せよ。なお,論述するにあたっては,下の語句をすべて使用し,使用した箇所に下線を引いておくこと。

貫高
軍役
地侍
寄親

(B)
1936年から40年頃までの戦時体制の構築に至る過程を論述せよ。なお,論述するにあたっては,下の語句をすべて使用し,使用した箇所に下線を引いておくこと。

軍部大臣現役武官制
国家総動員法
新体制運動
盧溝橋事件

☆吉田の視点

京都府立大の論述問題は、「あるテーマ〜」について論述せよ。その際に以下の語句をすべて使用しなさいという形式が定番化している。とくに「あるテーマ〜」について、AからBまでの過程や変遷を論述せよ。または、「あるテーマ〜」についての特徴を論述せよの2パターンが多い。2019年は(A)・(B)の問題ともに前者にあたる。2018年の(A)・(B)は、「院政期の文化の特徴について論述せよ。」と「江戸時代の貨幣制度の特徴について論述せよ。」で2つとも後者であった。

吉田塾では、上記のような「京都府立大の長文論述問題」に対応したオリジナルテキストを作成して、オリジナル対策問題(京都府立大の傾向にピッタリ合った予想問題)を提供し、添削指導を行う講座を開講しています。その一部は、カウンセリング(無料)やお試し講座(1対1のZoom講座)においても提供可能です。

☆長文論述問題の添削事例

吉田塾では、上記のような「京都府立大の日本史」を攻略するための「戦略的かつ効率的」な指導を行っています。

さらに「京都府立大の日本史」を攻略するための詳しい内容を知りたい人は、「吉田塾とは何か」や「塾長 吉田健志のプロフィール」をよく読んで頂き、自身の合格戦略に合うとの手ごたえを感じたら、ぜひお問合せください!
また、無料カウンセリングやZoomを利用したお試し講座のお申込みも、お問い合わせフォームから承っています!

「文化史」特講受付中!

吉田塾では、冬期に「文化史」特講を開講しています。文化史対策が遅れている人もここで「文化史」を覚えるための丸暗記ではない「つながりと対比」を重視したテキスト&板書を駆使した覚え方よって、一気にまとめることができた!合格の決め手の一つになった!と例年塾生からの評価がもっとも高い講座の1つとなっています
その一部は、Zoomによるオンラインカウンセリング(無料)やミニ講座(無料)でも紹介しています。
日本文化史特講について、受講生の感想をいただいたので紹介します。

政治史を軸として文化史を理解するという考えに目から鱗でした。文化史単体だとどうしても暗記がしにくく困っていたのですが、面白いエピソードを思い返しながら、先輩の絵と共にもう一度復習し直すとすんなり覚えることができ感動しました!乾漆像についての時短裏技も他の教科や時代に時間をかけたかったので非常に助かりました。また、年号の重要さを身にしみて感じました。文化史と並行して復習していこうと思います。

文化史を習得するために必要なことについてよく理解してくれている感想文だと思います。
文化史は難関国公立や難関私大の日本史(特に早稲田の文学部や文化構想学部)を攻略する上で非常に重要であり、他の受験生と差が付きやすい分野であると吉田塾では考えています。
すでに講座を進めている吉田塾生は多くいますが、非常に重要な受験直前期のこのタイミングでも講座への参加を受け付けていますので、ぜひご相談ください。

吉田塾とは何か
塾長 吉田健志のプロフィール

お問い合わせ・無料カウンセリング・お試し講座の申し込みはこちらから!

大学受験のための日本史

大学受験のための日本史

PAGETOP
Copyright © 吉田塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.